寄贈プログラム

トップページ >  寄贈プログラム

寄贈プログラムについて

イーパーツの寄贈プログラム図

寄贈プログラム」とは、企業からのリユースPCや周辺機器、ソフトフェアを非営利団体・ボランティア団体などの市民活動団体やNPOへと無償で寄贈し、その情報化を支援するプログラムです。

イーパーツで行っているプログラムは、団体のニーズや時代の変化に合わせて実施され、プログラム別に選考を行います。選考基準はプログラムによって異なりますが、寄贈の必要度や実績、社会貢献度、将来性などを考慮し、一定の基準を満たす団体に寄贈されます。

寄贈プログラムの種類

リユースPC寄贈プログラム
リユースPC寄贈プログラムは、全国を対象に、年に5回実施する公募式のプログラムです。
地域版 リユースPC寄贈プログラム
地域でIT支援を行っている市民活動団体やNPOと提携し、「地域型リユースPC寄贈プログラム」を実施しております。
リリーフ寄贈プログラム
災害救助法の適用をうけた地域の復興のため、現地の市民団体や企業と連携してリユースPCおよび周辺機器などの寄贈を行っております。(災害時のみ)
カラーレーザープリンタPC寄贈プログラム
事務所を持っている団体、大量印刷を行う団体を中心に寄贈を行っています。コストパフォーマンスもよく、本格的な印刷が行え、大変人気のプログラムです。
周辺機器寄贈プログラム
パソコン本体だけではなく、時代に合わせて機器を更新、もしくは新規に導入していかなくてはなりません。このプログラムは時代に合わせて必要な周辺機器を随時公募していきます。
スペシャル寄贈プログラム
高機能なデジタル編集ツールの寄贈や編集向けに新しいPCの提供などを行っています。(不定期)