レクチャー/プロジェクト

トップページ > レクチャー/プロジェクト > 市民・市民活動の情報化支援

市民・市民活動の情報化支援 一覧

AI(人工知能)は、その発展はめざましく、将棋や囲碁、チャットでの問い合わせ対応、画像分析など様々な分野で活用されています。市民活動はAIをどう使うのか AIのメリットデメリットを専門家がやさしく解
インターネットの利用には、情報漏洩やウイルス感染など多くのリスクを抱えています。その一方で、情報を発信し共有しなければ、活動はなかなか活性化しません。どの利用と保護をどう両立させるかをクラウド技術の
働き方改革が進む中、テレワークがICTを使った多様な働き方として様々な企業に導入されつつあります。その一方で、課題を抱えそこへの一歩を歩めない組織もお送りあります。 ここでは、障がい者・被災地・企業
2016年に引き続き、"プレゼンコンテストinえひめ"を開催します。 その第1弾として、松山市男女共同参画推進センターにてキースピーチとテーブルディスカッションを行います。
2015年度、多くの方々のご協力のもとイーパーツでは多くのリユースPCやインクジェット複合機などの寄贈および情報セキュリティを中心とするICT支援を行 ってまいりました。2016年7月26日、日本マ
日本マイクロソフト株式会社さんと認定NPO法人日本NPOセンターさんの共催によるICT基盤強化のための研修プログラム第2弾が6月19日に和歌山県で開催されました。前回に引き続き、イーパーツの会田が講師
日本マイクロソフト株式会社さんと認定NPO法人日本NPOセンターさんの共催によるICT基盤強化のための研修プログラムがスタートし、その第1弾が6月10日に東京で開催されました。そして、その中でイーパー
2015年に引き続き、"プレゼンコンテストinえひめ"を開催します。 テーマは「愛媛の課題をITを使い解決」、愛媛県内での課題や困ったことをITを使ってどう解決できるか、そのアイデアを募集します。非
三重県内のNPO、市民活動団体が作るオリジナリティあふれる「自作チラシ」を募集します。チラシ制作の一部にパソコンを使用していれば、手書き、切り貼りも可、ふるって応募下さい。 ○最優秀賞 賞品 インク
愛媛県新居浜市で、リユースPC寄贈プログラムの説明会を兼ねた「団体でPCをもつメリット、活用の5つのポイントト」が開催します。 10月のマイナンバー開始に向けて、非営利組織でも安全な情報管理が求まれて